メディア情報 - media information
メディア情報
日付
[RE:TV] オム・ジョンファ×パク・ソンウン×イ・サンユン×イ・ソンゴン、絶妙なチームワークで '知ってる兄さん' 征服
2020-08-11

(ソウル=ニュース1) イ・アヨン記者| 2020-08-09

JTBC 知ってる兄さん' ホウソウガメンキャプチャー © ニュース1

 

俳優オム・ジョンファ、パク・ソンウン、イ・サンユン、イ・ソンビンが絶妙なチームワークをアピールし、'知ってる兄さん'で大活躍した。

8日午後に放送された JTBC '知ってる兄さん'にはオム・ジョンファ、パク・ソンウン、イ・サンユン、イ・ソンビンが出演した。四人は封切りを控えている映画'オッケー! マダム'で共演した。

この日キャラクター紹介を聞いた '知ってる兄さん' メンバーたちはパク・ソンウンが無条件悪役だと思っていた。しかしイ・サンユンが悪役とのどんでん返しを聞くと、全員が驚いた。パク・ソンウン自らも台本を読んだときは自分が飛行機ハイジャック犯だと思ったと言って笑わせた。

メンバーたちはパク・ソンウンが '善行を行っても恐く見える芸能人1位'と言って、パク・ソンウンに自分の顔を見て驚いたことはないのかと聞いた。パク・ソンウンは"鏡を見て自分で驚いたことはない、 '他人が見ると驚くことはあるな'と思ったことはある。エレベーターに乗っていると僕を見て乗ってこない人がいた"との逸話を披露した。

唯一初出演となったイ・サンユンはソ・ジャンフンにぎこちなくあいさつした。二人はバスケットボールバラエティー'ハンサムタイガース'で共演した。しかしイ・サンユンは"実際はそれほど親しくはなかった"と言った。ソ・ジャンフンは "'ハンサムタイガース'は笑いを取る番組ではなかった。真剣に臨んだ"と言ってイ・サンユンが自分を敬遠する理由を説明した。イ・サンユンは"真剣になりすぎ"とジョークを飛ばした。

'オッケー! マダム'では四人の俳優のアクション演技が披露された。オム・ジョンファは"攻撃を防ぐ動作がダンスのようだと言われた"と苦労話を語った。'知ってる兄さん' メンバーたちはアクション演技を学ぶことにした。パク・ソンウンがアクション演技を披露すると、イ・スグン、カン・ホドンは即座にジェスチャーギャグを披露して笑わせた。パク・ソンウンはミン・ギョンフンと一緒にアドリブで合わせて見せた。単純な絡みだったが、息の合った動作に全員が驚嘆した。ミン・ギョンフンはパク・ソンウンのキックの動作に慄いた。

イ・ソンビンは '知ってる兄さん' 出演ためにオム・ジョンファ・ダンスメドレーを準備してきた。扇の小道具まで用意する熱意を見せた。'招待' 'ポイズン' 'フェスティバル' などのヒット曲の登場にメンバーたちは歓呼を送った。オム・ジョンファはイ・ソンビンとデュエットダンスを披露し、場を沸かせた。続く2時間目ではイ・ソンビンがメンバーの兄さん連中に勝るとも劣らない勝負欲を発動し大活躍した。

ID:
PWD: