メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'ラストセッション' シン・グ、ナム・ミョンリヲル、イ・ソクジュン、イ・サンユン、シンクロ率100% 白黒プロフィール公開
2020-06-10

[毎日経済 スタートゥデー シン・ヨンウン記者 2010.6.10]

演劇 'ラストセッション(Freud's Last Session)'が1次チケットオープンを明日に控え、‘フロイト’と ‘ルイス’、伝説的な二人の学者の生前の姿をリアルに再現した白黒プロフィールを公開し、期待感を高めている。

あたかも劇中で83歳の老人 ‘フロイト’と40歳の‘ルイス’が蘇ったように、二人の特徴的なポーズを完璧に再現した今回のプロフィールは当代のムードを色濃く込めた白黒のプロフィールとして、第2次世界大戦を控え、熱い論戦を繰り広げる二人の学者のカリスマと情熱がひしひしと伝わってくる。特に二人の出会いを記念するがごとく、‘Sep 3. 1939’という日付が記されていて、時代の息吹を感じさせる。

丸縁メガネをかけた俳優シン・グとナム・ミョンリョルは‘フロイト’ と言えば外せないアイテムである煙草を握ったままボリューム感のあるソファに腰を下ろしてポーズを取っている。

見る者の心を見透かしているかのように正面を凝視している眼差しが印象的。特にシン・グは撮影現場でひたすら実際の‘フロイト’の写真を見ながら表情とポーズの細部を研究し、スタッフを感嘆させたとの話。

チェック柄のジャケットを着てクラシカルな趣きを生かした俳優イ・ソクジュンとイ・サンユンはそれぞれ椅子に座ったり、本を掲げるポーズで‘ルイス’の在りし日の姿を再現している。

イ・ソクジュンは本を掲げて試作に蹴る表情で、イ・サンユンは信念に満ちた眼差しで魅力的な ‘ルイス’ のキャラクターを完成させ、彼の人生全般に込められたドラマを一枚の写真に凝縮させている。

いっぽう神と宗教に関する挑発的な討論を想起させる演劇‘ラストセッション’はイギリスがドイツとの全面戦争を布告し、第2次世界大戦に突入した1939年 9月 3日、‘ジークムント・フロイト’と ‘C.S. ルイス’が出会って論争を戦わせるという想像に基づく二人芝居。

実際には会ったことのない二人を舞台上に呼び出し、世紀の遭遇を成就させたこの作品は、2011年のオフブロードウェイアライアンス最優秀新作演劇賞を受賞し話題を集めた。

‘フロイト’と ‘ルイス’を見事に再現した最高級のシンクロ率を誇るプロフィール写真を公開することによって、今夏の期待作に浮上した演劇'ラストセッション'は来る7月10日日曜日大学路イェス24ステージ3館で開幕するのに合わせ、11日午後2時からインターパークとイェス24を通して1次チケット先行販売が開始される。

ID:
PWD: