メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'ハンサム・タイガース' イ・サンユン, めざましいキャプテンの活躍…最後まで輝いた挑戦
2020-04-01

 

[XPORTS NEWS パク・ソヨン記者 2020.4.1]

 

‘本物のバスケ, ハンサム・タイガース’ イ・サンユンの活躍が最後まで輝いた。
 

SBS リアルスポーツバラエティー‘本物のバスケ, ハンサム・タイガース’(以下 ‘ハンサム・タイガース’)が12回を最後に放送終了を迎えた。その中でも毎回キャプテンでありシューターとして活躍してきた俳優イ・サンユンの情熱と努力は熱い話題を呼び起こした。

イ・サンユンは‘全国アマチュア最強戦’ リーグ予選競技と6強戦のすべてにおいて様々な活躍を見せた。京畿道教育庁 ‘ATP’とのリーグ初戦では敏捷なゴール下の突破と守備で相手チームを圧倒した彼は最後の4クォーターではフリースロー得点で3点差のリードを導き出し、初勝利のけん引役を果たした。

続く高麗大 ‘ZOO’との予選競技でも15点差で大きく引き離された状況でも完璧なミドルシュートを成功、チームの士気を高めるなど公式 ‘信頼男’の名を馳せた。以降アップテンポとの6強競技では全般に無得点で突破口を見いだせなかった試合を강 경기에서는 초반 무득점으로 쉽게 풀리지않던 경기를 ブザービーターで初の2得点を挙げ、真のシューターとしての役割をしっかりと果たし、拍手喝さいを浴びた。

イ・サンユンは ‘ハンサム・タイガース’ の試合がない日にも熱心に練習室を訪ね、バスケットボールに対する格別な情熱を示した。特に長兄らしくチーム員たちを励まし、ブレーンとしての役割はもちろんのこと、負傷も厭わない闘魂を見せるなど黙々とキャプテンとしての役割を果たしたイ・サンユン、惜しくもチームは4強に上り詰めることはできなかったが、彼の粘り強い挑戦と真心のこもった努力は視聴者に深い余韻を残した。

イ・サンユンは最近SBS ‘家師父一体’を卒業し、次回作を検討中である。

ID:
PWD: