メディア情報 - media information
メディア情報
日付
[アゲインTV]'家師父一体' ホン・ジニョン×パク・ヒョンビン、チームを分けて123年の歌王の前で'ハッスル'
2020-02-25

[ヘラルドPOP=オ・ヒョンジ記者 2020.2.24]

 

ホン・ジニョンは今日一生懸命練習して、トロットの集いに一緒に行こうと提案した。

23日の午後放送されたSBS'家師父一体'ではトロットの集いの経歴123年の歌王の前でトロットチーム対抗戦を行うことになった。

この日ホン・ジニョンはつねにマイクを持っていろと言い、間髪を入れずに謳わせると、スパルタ講義を行うことになった。最初の場所はホン・ジニョンの自宅であったし、二番目はパク・ヒョンビンの超豪華な邸宅に行くことになった。これにイ・スンギは"ホン・ジニョンの家で盛り上がったら、パク・ヒョンビン師匠の家には行かなくてもいいのではないですか"と言うと、パク・ヒョンビンは"そう言わずに気にしてほしいな"と返して、笑いを誘った。

続いてホン・ジニョンは自分の歌である'火遊び'を歌って場を盛り上げた。イ・スンギは"さすがプロが歌う曲は凄い"と言った。

ホン・ジニョンはムジゲ餅を用意して、イ・スンギ、イ・サンユン、ユク・ソンジエ、シン・ソンロク、ヤン・セヒョンをもてなした。ホン・ジニョンは"ムジゲ(虹)には色々な色があるように、トロットにも多様な色彩を持っていて、喜怒哀楽も込められているので、トロットをムジゲに置き換えた"と語った。

ホン・ジニョンは喉にいいという健康食を作り、メンバーはその苦さに呆れ、これは罰ゲームなのかと抗議した。イ・スンギは"苦参茶よりずっと苦い"と言った。これにホン・ジニョンはカラオケの点数競争をしようと誘って笑わせた。

トップバッターとしてシン・ソンロクが経った。彼の曲はパク・ヒョンビンの'オッパ。一度だけ信じてみて'だった。パク・ヒョンビンは進路損六のジェスチャーを見ながら、上手そうだと言った。ホン・ジニョンは"歌いながら本人が楽しむ姿に、見るほうも楽しくなった"と評した。シン・ソンロクの点数は97点。

二番手はイ・スンギだった。彼の選挙区はシム・スボンの '愛以外は知らない'だった。パク・ヒョンビンは"イ・スンギは歌が上手い"と言い、イ・スンギの哀切なボイスにホン・ジニョンは両手を合わせて"歌が本当に上手"と言った。点数は91点だった。これにパク・ヒョンビンは徐々に不安な気持ちになった。

過去にユク・ソンジエはチャン・ユンジョン編で、ユク・ソンジェがトロット界に転校したら、パク・ヒョンビンを脅かす'牛蛙'というニックネームをもらったことがある。この日ユク・ソンジェの点数は100点だった。続いてヤン・セヒョンは81点、パク・ヒョンビンは83点と、ヤン・セヒョンとかよらない点数しか獲れなかった。それでパク・ヒョンビンは真剣にやってみると、二度目のチャレンジを申し出て、これにヤン・セヒョンは二回もやるのだから95点獲ってはじめて罰ゲーム免除だと言ったが、点数は変わらず83点のままだった。

パク・ヒョンビンは三度目のチャレンジを申し出た。98点を出すと言ってから熱心に練習して臨んだが95点止まり。これにパク・ヒョンビンは"本気じゃなかった"と弁解し、ヤン・セヒョンはパク・ヒョンビンは目を見平間ながら歌ったくせに、本気じゃなかったなんて笑わせると茶化した。

ユク・ソンジエ、イ・スンギ、ヤン・セヒョン、シン・ソンロク、イ・サンユンは一緒にチームを組みたい師匠にホン・ジニョンを指名した。パク・ヒョンビンはわけもわからず接戦だと思い込んだ。ホン・ジニョンはジャンケンでチームを決めようと言い、ホン・ジニョンはイ・スンギを除く、ヤン・セヒョン、ユク・ソンジェ、イ・サンユン、シン・ソンロクを選んだ。パク・ヒョンビンはジャンケンに一度だけ買ってイ・スンギと二人でチームを組むことになった。

ID:
PWD: