メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'ハンサム・タイガース', エースムン・スイン復帰…チャ・ウヌ×イ・サンユン 大活躍[総合]
2020-02-25

[スポーツ朝鮮ドットコム イ・ウジュ記者 2020.2.22]

 

'ハンサム・タイガース'が以前とは異なる姿で初勝利に対する期待を高めた。

http://sports.chosun.com/images/game/trance.gif

21日に放送されたSBSバラエティー番組 'ハンサム・タイガース'ではリーグ初戦でハッスルする虎たちの様子が流れた。

リーグ予選を二日後に控え、エースのムン・スインの日常が公開された。ムン・スインは'ハンサム・タイガース'をモニタリングし、負傷した足をストレッチングしていた。イ・サンユンとソ・ジソクがムン・スインを訪ねた。ムン・スインは先輩たちに "気が気でない。二日後なら結果が出ているので、入試を待っている気持ち""負傷したことがないため外から見たことがなかったが、外から見ていると辛い"と打ち明けた。

イ・サンユンは"スインがいない中、僕らもたくさんの経験をした"、ソ・ジソクも "このままではダメだと思った。守備もタイトにしなければ。僕ら三人は命を賭けてでもやらなければいけないと思う"と試合を控えた桃園の決議を行った。

試合の前日、ソ・ジャンフンは速攻を強調し、練習に臨んだ。ソ・ジャンフンはインスによくない癖があると言い、"間を置くな。すかさず攻め込むんだ"と、些細な時間の浪費も許さなかった。

速攻の練習の後、ソ・ジャンフンは "パターンを単純化するべきだと思った"と言って新しいパターンを提案した。選手たちは新しいパターンに慣れるため連取を続け、復習を重ねた。

全国大会の当日が来た。集合した選手たちは "試合中はすべてのエネルギーを注ぎ込むんだ"と意志を確認した。初戦の相手は京畿道教育庁ATPチーム。選手たちは観客の声援を受けながら颯爽と入城した。ATPチームの自他が認めるエースの4番ソ・ギョンウォン選手。しかしこの試合にはムン・スインが復帰し、ハンサム・タイガースの活躍にも期待が集まった。ソ・ジャンフンは"4番だけ防げばいける"と選手に指示した。


1クォーターが始まった。チャ・ウヌは開始直後に先制ゴールを決め、選手たちを鼓舞した。Julien Kangもまた連続でリバウンドを奪い、流れを引き寄せた。つづいてイ・サンユンも得点を挙げ、歓声を浴びた。練習試合の時より集中力が格段に高まった様子だった。チャ・ウヌはエースの4番選手に密着マークし、攻撃を阻止した。チャ・ウヌは完璧なアシストでソ・ジソクの特典をお膳立てした。

しかし放心は禁物だった。ATPチームも3シュートでタイガースを追い上げた。見守っていたソ・ジャンフンはシャツパターンを指示した。動きは悪くなかったが、密着守備でペースが途切れ、イ・リャン選手の二度目の3点シュートで同点に追いつかれた。そればかりでなく、ATPチームが自由投2球を成功させ、一瞬にして逆転を許してしまった。

流れが変わると一気に点差が開き始めた。イ・リャン選手は3点シュートを立て続けに成功させ、雰囲気は完全に逆転した。ソ・ジャンフンはチャ・ウヌに4番と88番のイ・リャン選手を同時に密着マークするよう指示した。17対24で1クォーターが終了した。

2,3クォーターではマンツーマン守備がルールだった。ソ・ジャンフンはリーディングガードのインスに冷静なパターンプレーを強調した。その間쿼ATPチームは選手たちの強みと弱みを把握し、それに合わせた作戦を練ってきた。ATPが最も牽制する選手はやはりムン・スインだった。これはソ・ジャンフンも予想していたことだった。チャン・セホ選手がムン・スインの密着マークに付いた。試合再開23秒でATPはファールを三回も出した。

ゾーン・プレスの後、ムン・スインは再び大活躍した。ソ・ジャンフンはインスを引っ込めてショリを3投入した。2クォーター終了まで残された時間は8秒、ソ・じゃ分はムン・スインに攻撃の指示を出したが、反則で再び阻止された。ハンサム・タイガースは自由投2球を獲得した。自由球1球を成功させた後、2クォーターが終了した。

ID:
PWD: