メディア情報 - media information
メディア情報
日付
[アゲインTV] 'ハンサム・タイガース' チャ・ウヌ, 今日のMVP
2020-01-21

[ヘラルドPOP=チョン・ハナ記者 2020.1.18]

メンバーたちの投票によってイ・サンユンがキャプテンに選ばれた。

前日17日に放送されたSBS バラエティー番組 '本物のバスケ, ハンサム・タイガース'では初練習でチャ・ウヌが最高の評価を受け、イ・サンユンがキャプテンに選ばれる様子が放送された。

この日、全メンバーがコートに集まり、マネージャーのジョイが登場した。ハンサム・タイガースが出帆する前、ソ・ジャンフンはジョイに、メンバーたちのメンタルを気遣ってほしいと依頼した。ジョイは"私は状況を把握するのは得意のほうです"と自信をのぞかせた。ジョイはメンバーたちに"監督が来られる前に、私と一緒にストレッチをしましょう。私はダンスの練習をする前にやっていることがあります"と言って、メンバーたちと一緒にストレッチをした。

続いて監督ソ・ジャンフンが登場し、"率直に言って、私たちが空く道は果てしなく遠い。時間もないし、練習する日数も多くはない。昨日までのことはすべて忘れて、新しくスタートを切る。今日の訓練は強度を強めることにする。まずはみんなの体力測定から始めよう"と言って体力測定をジョイにバトンタッチした。ジョイは"長い距離を走ります。10人で10周を回りますが、私が測定します"と言った。これにソ・ジャンフンは"バスケットボールは早く走ることも大切だが、長く走り続けることがもっと大切さだ。最大限がんばって走るように"と語った。

体力テストが終わるとソ・ジャンフンは"簡単な体力テストをやってみた。まず衝撃を受けたのは、ウヌ、Julien、スインはその程度なら体の管理をよくしてきたほうだと言える。ショリはこれからイントガードの役割をしなければならないが、他のメンバーより走れないのは残念だし、サンユン、ジソク、スンヒョンは年も年なのであまり言いたくはないが、もっと走らなければならない。大会に出る前にもう一度試してみる。その時まで発展がなければダメだ"と言った。その後速攻、パターン訓練に集中力が落ちると、ソ・ジャンフンは"習得のスピードが遅すぎる。これは基本中の基本なのだ。みんなはここに出てきて、ただボールを投げ合ったり、カッコだけつけるんだったら、何のためのバスケットボールをやるんだ。相手はすべて強豪チームなんだ"と言った。

ソ・ジャンフンは"私たちは次に強豪チームとの試合が組まれている。そこで買ったチームはその日の選抜試合に出場することになる"と言って、メンバーをブルーチームとホワイトチームに分けての試合を提案した。競技が始まると、チャ・ウヌとムン・スイン、ウスのコンビが活躍し、ブルーチームが立て続けに得点を挙げた。試合を見守っていたジョイは"ウヌが教わった通りにうまくやっているようです"と言い、ソ・ジャンフンは"ウヌは集中力を切らさないのがいい。ジョイの目にもそう映るだろう? ウヌは集中力が高い"とウヌを褒めた。前半戦が終了するとソ・ジャンフンはホワイトチームに"君田はデタラメだ。失望した。君たちには二時間も話して聞かせたのに、自分の位置を掴んでいる者が一人もいない"と叱責した。

ブルーチームの勝利で試合が終了するとソ・ジャンフンはメンバー一人一人を評価した。ソ・ジャンフンはキム・スンヒョンとショリに最低評価を付け、"後輩たちに見せるのも恥ずかしい。次からはしっかりと覚悟を決めてから来るんだ。ショリは私に行ったことを守っていない。みんなの前でバラエティーをしろと言ったためしはない"と言った。つづいてソ・ジャンフンは"私が言ったことに最も州で着ている。私はカッコよくしろと言ったことはない。ウヌには感動した"と最高評価を与えた。

いっぽう練習が終わっても夜怖れた会食の席でジョイが"監督、チームのキャプテンを選ばなければいけません"と言い、投票の結果、イ・サンユンがキャプテンに選ばれた。

ID:
PWD: