メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'VIP' チャン・ナラ'人気満点型'→イ・サンユン, '越えられない壁型'…VIP 専門チームを通してみる会社員の類型 6
2019-11-08

[スポーツ朝鮮 ナム・ジェリュン記者 2019.11.8]

 

"会社にこんな社員が一人ずつは必ずいます!"
 

連日最高視聴率を更新している'VIP'がドラマでソンウン百貨店'VIP専門チーム'を通して探ってみる'会社員類型' 6種を公開した。


SBS月火ドラマ'VIP'(脚本 チャ・ヘウォン/ 演出 イ・ジョンリム/ 制作 ザ・ストーリーワークス)は百貨店の上位1% のVIP 顧客を管理する専門チーム社員たちの内密な'プライベート・オフィスメロドラマとして, リアリティー溢れる'オフィスライフ'を届け視聴率上昇行軍を続けている。5日に放送された'VIP' 4話 1, 2部はニールセン・コリア基準首都圏視聴率がそれぞれ8.5%, 10.4%を記録, 月火ドラマ全体, 同時間帯1位の王座を守ったのと同時に, 1分当たりの最高視聴率は11.8%まで上昇するなど信じて観る'VIP'の底力を証明した。

何よりも'VIP'はチャン・ナラ-イ・サンユンイ・チョンア-クァク・ソニョン-ピョ・イェジン-シン・ジェハが演じる, 生き生きとした'キャラクターの饗宴'が注目を集めている。彼らはVIP 顧客専門業務によって日ごと戦争をしているような'VIP 専門チーム'でキャラクター特有の性格を生き生きと演じ共感と没入度を高めている。これに関連して現実の'熾烈なオフィス生存記'をそのまま移したようなリアルさを極大化した, VIP 専門チームのメンバーたちから見えてくる'会社員類型を六種に分類してみた。

※会社員類型 NO.1 '人気満点型' ナ・ジョンソン(チャン・ナラ) 次長

ナ・ジョンソンは十人中九人は'あの人は良い'と評価されるほど, 硬直して堅苦しい雰囲気も柔らかくしてくれる, 潤滑油のような性格を持つ人物。入社後に経歴も長いにもかかわらず, 業務に付いていけない後輩わ一から最後までこまごまと仕事の手順と方法を教えてあげるかと思えば, 新入社員に関連した心内噂に対しても"確認もできないデマを進んで広げる必要はないじゃない"とかばってあげるなど同僚, 後輩に無限の愛情を傾ける。ソンウン百貨店内で誰かに何事かが起こればナ・ジョンソン次長を真っ先に呼ぶようにする人物。社内での人気満点ナ・ジョンソン次長が今後どのような心温まる同僚愛, 後輩愛を施すのか耳目が集まっている。

※会社員類型 NO.2 '넘越えられない壁型' パク・ソンジュン(イ・サンユン) チーム長

日後と事件, 自己か世途絶えることのない, VIP 専門チームを陣頭指揮するチーム長パク・ソンジュンは仕事にだけは刃のような完璧主義者の性格を持つ。業務進行において少しでも過ちがあればその社員に痛いお灸をすえる冷静かつ冷徹な麗水が度々目撃される。しかしパク・ソンジュンがあたたかい思いやりと完璧なスペック, 抜け目のないずばぬけた業務能力は同僚たちからも慕われ'越えられない壁の実力者'であることを印象付けている。バク・ソンジュンがVIP専門チームのチーム長としてどのような成果を上げるのか好奇心を膨らませている。

※会社員類型 NO.3 'プロ好き嫌い型' イ・ヒョナ(イ・チョンア) 課長

イ・ヒョナはVIP 顧客のニーズと性向を一瞬にしてキャッチする能力で고VIP 専門チームのエースに数えられる。また自身が任された仕事に対しては確固たる信念と目標意識をもって行動し, これに反対したり防ごうとする人は上司であれ同僚であれ容赦なく, 自身の意見を明らかに表明する。それによってイ・ヒョナは時に冷たいという評かを受けるが, イ・ヒョナの意見が認められた場合には200% の成果を上げるプロフェッショナルな能力を証明している。とっときにくいVIP顧客の趣向をキャッチするイ・ヒョナが次のVIP 顧客サービスでどのようなセンスを発揮するのか期待を集めている。

※会社員類型 NO.4 '昇進欲望型' ソン・ミナ(クァク・ソニョン) 社員 

ソン・ミナはVIP 専門チームのただ一人のワーキングママとして6年間昇進から外され今年こそは傷心をも指標にしている状況。人事チームの同僚から聞いたーケティングチーム昇進定員の知らせにマーケティングチームのインタビューを見てみたり, 商品展イベントのメインを受け持った後そこに集中したいという思いから上司にトランクショーのバックアップは難しいという野望に満ちた本心を覗かせたりする。しかし上司から仕事を選り好みするという叱咤をうけてからはさらに四面楚歌に陥ってしまう。果たしてワーキングママ放棄宣言まで叫んだソン・ミナが今年の昇進の花道を歩むことができるのか成り行きが注目されている。

※会社員類型 NO.5 '夢幻努力型' オン・ユリ(ピョ・イェジン) 社員 

ソンウン百貨店の食品コーナー契約社員から VIP 専門チームに破格の昇進を果たしたオン・ユリは副社長(パク・ソングン)との様々なうわさに巻き込まれるが, 頑なに新入社員としての業務に最善を尽くそうと努力する。しかし初めて任された商品展リーフレット試案作業からよくない噂のため思うように進まないとの思いから, チームに迷惑をかけないため仕事を降りようとした。しかしその後死ぬ覚悟で飛び込んだというVIP 顧客の言葉を思い浮かべたオン・ユリはデザインチーム次長と正面勝負で突破口を探し人生で初めて手にしたチャンスをつかむためあらゆる努力を惜しまない。その姿に視聴者の応援が注がれている。

※会社員類型 NO.6 '万年末っ子型' マ・サンウ(シン・ジェォハ) 社員 

マ・サンウはVIP 顧客に関するゴシップが気になれば状況を問わず上司に躊躇なく聞いて歩き, ソンウン百貨店社員たちの一挙手一投足を知ってこそ気が晴れるVIP専門チームのお節介な末っ子社員。 なかなか上がらない業務能力に上司から叱られると懺悔の気持ちを強く持つが, それもつかの間, 退社時間が近づくと夜勤に勤しむ上司を尻目にいの一番で退社する能天気さ。またトランクショーのオープンイベントの準備に追われオフィスで居眠りして上司に見つかったが, 何事もなかったかのように平然と業務に取り組むお調子者の姿で万年末っ子を予感させた。果たしてマ・サンウがVIP専門チームで万年末っ子から解放される, 歴史的瞬間が訪れるのか好奇心を掻き立ててくれる。

制作陣サイドは"'VIP' 主人公6人のディテールな熱演がキャラクターに息吹を吹き込み'熾烈なオフィス生存記'に対するリアリティーを高めてくれている""ドラマの全般的な背景である'オフィス・ライフ'で各キャラクターの性格と行動, 類型に注目するのもドラマを予測して推理する醍醐味の一つになるだろう"と伝えた。

いっぽうSBS 月火ドラマ'VIP'は毎週月, 火曜日の夜10時放送。 [写真提供 = SBS 'VIP']

ID:
PWD: